シンママ向けパパの探し方!パパ探し方法を説明します!
シングルマザーでパパ活するなら、どうやってパパを探せば良いの?
と悩んでしまう人もいるでしょう。

この記事では、シングルマザー向けにパパの探し方を説明しています。
これからパパ活をやろうと思っているシンママの方に役立ててもらえればと思います。

シンママ向けのパパ探しの方法について

シンママ向けのパパ探しの方法について
シンママ向けのパパ探しの方法について説明していきます。

パパ活専用アプリを使う

シンママはパパ活専用アプリでパパを探すのがオススメです。
パパ活を行う上で「どこでパパ探しをするのか」はとても重要です。

SNS、掲示板、マッチングアプリなどなど、やろうと思えばどこでもパパ探しは可能ですよね。

自由に使える時間の多いのであれば上記のものでも構いませんが、シンママはそうもいかないでしょう。

育児に時間を取られますし、誰かに預けるにしても時間は限られてきます。
ですのでパパ探しを短時間で行う必要があり、いかにお手当を貰えない人を避けるのかが大切です。

SNSやマッチングアプリだと、お手当をもらうための交渉に時間がかかりますし、パパ活だとわかったら避ける男性もいます。

しかしパパ活専用アプリであれば、男女ともにパパ活を前提に利用しますので、そういった無駄な時間を抑えることができます。

シンママがパパ活をするときは、上記のように時間効率を特に意識しておくことが重要です。

地方パパを狙う

出張のときに会える女性を探す男性は多いです。
地方パパであれば定期な拘束はないため、時間の自由が効きます。

安定した収入とはならないものの、時給換算するとかなり効率は良いです。

またトラブルになったとしても、居住地は遠くというメリットがあります。

プロフィールの書き方について

プロフィールの書き方について
シンママがパパ活するとき、プロフィールはどのように書けば良いのでしょうか?
プロフィールに記載した情報で、男性はアプローチするかどうかを判断します。

ですので書き方によっては、条件にマッチしない男性を回避することができますね。
ではプロフィールの書き方についてポイントを説明します。

プロフィールにシンママであることを記載する

プロフィールには、シンママであることを記載しておきましょう。
あらかじめシンママであることを開示しておくことで、「シンママはちょっと…」という男性を相手しなくて良くなります。

隠して会ってもいずれバレますし、ダメな人なら最初から時間を使うだけ無駄ですよね。
また会ったときに伝えてトラブルになった…というような自体も避けられます。

シンママを好む人もいますので、「デメリットになるのでは?」と思う必要はありませんよ。

若い女性に比べてシンママは落ち着いており、礼儀のある人が多いという傾向があります。
仕事の疲れを癒やしてほしい、常識やマナーのある人とデートしたいと思っている男性にとっては、シンママの方が求める女性像に近いのです。

ですので堂々とアピールすればOKですよ。

夢や趣味など頑張っていることを記載する

プロフィールには、夢や趣味など頑張っていることを記載しましょう。
あくまでも夢を目指す女性を応援する、そのためにお手当を渡します。

そもそも「お金欲しい!」が全面に出ている人って、性別関係なく避けたいですよね(笑)

応援したいと思ってもらえるように、しっかりと夢や趣味などを記載しましょう。
「今これを頑張っています、こうなるのが目標です、そのために…」というように、順を追って説明していくと伝わりやすくなりますよ。

ただし子どものことを絡めた内容は避けた方が良いでしょう。
男性からすると、子どものためにお金を渡すような感覚になります。

男性としては擬似的な恋愛の雰囲気を楽しみたいと思っているので、子どものためにとなると変な現実感が出てしまって冷めてしまいます。

ですのでシンママであることは記載しても、子どもについては記載しないのが無難です。